FX 最初はユーロから

逆に市場予想値よりもよければ、米ドルは買われる。実際、短期トレードを行なっている投資家の中には、雇用統計をはじめ、米国の経済指標が発表される瞬間を狙ってポジションを作り。日本国内の設備投資意欲を把握するための経済指標で、内閣府が月次で調査し、2ヵ月後に結果を公表している。

トレントラインの正しい書き方トレントラインを結ぶために使用する点(安値もしくは高値)は、数が増えるほど下値支持線、上値抵抗線としての信頼性がアップします。

通貨はやはりポピュラーな米ドルからですか。‥いえ、最初はユーロから始めて、しばらくはユーロだけを対象にしていました。しかし、一度ユーロの買いで失敗したのを機に、ドルや豪ドルに移りました。

日本国内でも、目本の景気回復が鮮明になってからはMI¥的暖和解除をめぐって「政府VS日銀」のけん制発言が続いています。あるいは、ユーロが。時期急上昇した時にも「柔軟な為替相場が必要」というような言葉でユーロ高をけん制した時期がありました。

FX 最初はユーロから” への1件のコメント

  1. こんにちは。これはコメント例です。
    コメントを削除するには、ログインしてその投稿のコメントを表示させてください。そこでコメントを編集したり削除したりすることができます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>